NEC 98MATE X
NEC 98MATE X
カタログ発行年
1995年
メーカ
日本電気
型番
PC-9821Xa7/C4 / Xa7/C8 / Xa9/C4 / Xa9/C8 / Xa10/C4 / Xa10/C12
PC-9821Xt13/C12
PC-9831Xe10/C4 / Xe10/4
CPU
Intel DX4 100MHz(Xe10のみ) Pentium 75MHz(Xa7のみ)
Pentium 90MHz(Xa9のみ)
Pentium 100MHz(Xa10のみ)
Pentium 133MHz(Xt13のみ)
RAM
6MBytes(Xe10/4のみ)
8MBytes(Xa7、Xa9、Xe10/C4のみ)
16MBytes(Xa10、Xt13のみ)
外部記憶
ハードディスク:420MBytes 1台(/C4、Xe10/4のみ)、850MBytes 1台(/C8のみ)、1.2GBytes 1台(/C12のみ)
フロッピードライブ:3.5インチ2HD 1台
CD-ROMドライブ:フロントトレータイプ4倍速 1台(Xe10/4を除く)
PCカードスロット:1台(Xa10/C12のみ)
画面表示
1280×1024 256色、1024×768 1677万色中65535色、640×480 1677万色(Windowsモード)
640×480 256色、640×400 4096色中16色(MS-DOSモード)
サウンド機能
PCM音源 1ch ステレオ
OS
MS-DOS 6.2、Microsoft Windows 3.1
標準価格
Xa7/C4:268,000円
Xa7/C8:298,000円
Xa9/C4:358,000円
Xa9/C8:398,000円
Xa10/C4:448,000円
Xa10/C12:498,000円
Xt13/C12:690,000円
Xe10/C4:218,000円
Xe10/4:163,000円
コメント
 限りなくAT互換機になったPC-9800シリーズ最初の機種。PC-9821になった時点で性能的にはAT互換機に近づいていたが、この98MATE Xシリーズから内部パーツもかなりAT互換機の物と同じになっている。BIOS ROM、98独自グラフィックチップ、漢字ROM、Cバススロットなどを除けばAT互換機と違いはほとんどない。
 ハードウェアのAT互換機化によってコストダウンが可能になり、さらにAT互換機向けに特化したOSであるWindows 95のPC-9800用同時リリースも可能になった。一時期、AT互換機に押されていたPC-9800シリーズが再び盛り返すきっかけになった。

前へ  戻る  次へ

Copyright (C) 1998 by Yoshinori Adachi